Monthly Archives: 2月 2016

seoの傾向

最近のseoの傾向として、不要なページからのリンク、関連性のないページからのリンクを評価しておりません。

勝手に張られたものであったとしてダメなのです。ある一定以上存在すると大きく順位を下げる傾向にあります。

 

ECサイト構築はseoを視野に入れたい

seoというのは、ECサイト構築が完成してからではなく、最初から行った方が好ましいかと思います。seoには内部対策と呼ばれるHP内に行う対策もあり、ECサイト構築と同時に進めた方が手っ取り早い事もあります。Seoを行うタイミングについて考えた時に、ECサイト構築を行う前の段階から着手していると、手間や費用について楽な場合もあるかと思われます。
完成したECサイト構築にseo対策を行うのであれば、二度手間となってしまう箇所も出てくるかもしれませんね。すでに完成している場合には、少しでも早く対策を開始した方がいいかもしれませんね。ぜひ、ECサイト構築は、最初の段階からseoを視野に入れたいですね。

seo対策の必要性

サイトを作成するときに、検索エンジンにヒットされやすくするためにSEO対策は必須です。
文字による検索だけでなく、画像検索でサイトを訪問するケースも多く、そのためのSEO対策も必要です。

検索エンジンにはディレクトリ型のものもあります。特定の分野のサイトであるということを登録する事によって利用者が探しやすくなるというのが本来の目的です。

過去には、ディレクトリに登録されることによってアクセスアップが期待できたのですが、最近ではそうではなくなってきているようです。ディレクトリ登録されたことによって直接的なアクセスアップは期待できなくなってきているのですが、SEO対策としては効果があります。

安定した優良被リンクが確保できるわけですから、検索エンジンの評価も高くなるのです。ディレクトリ登録は、このような理由からSEO対策に用いられています。

seoのキーワード選び

キーワード選びは、SEO対策において非常に重要度が高い作業です。ここで選び方を間違えると、いくらSEO対策の知識があっても意味のないものになってしまいます。

先ずは自分のサイトを良く見て、検索している人に対してどのような情報を提供することができるのか、それをどんなキーワードで誘導すればよいのかを考えることが重要です。

そのためには、商品やサービスをより詳しく説明できる関連キーワードを組み合わせることが重要になってきます。

例えば美容関連の求人サイトの場合ですと、「エステシャン、求人」といった具合に、サイトの役割や掲載されるコンテンツを基に、複数のキーワードを組み合わせることです。