Author Archives: seo

よいECサイト構築を行うために行うべきこと

よいECサイト構築を行うために行うべきことは、サイトの利用者が使いやすくするということです。そのために階層を出来るだけフラットにするというようなことも大切です。階層が深くなると、それだけクリックをして階層を潜っていく必要性が出てきます。そのような時間は出来るだけ少なくするようにするのが、ECサイト構築時の基本です。サイトマップを作って、気になるページにすぐに行けるようにするということや、進む戻るといったボタンが常に表示されるようにして、自分が今まで見てきたページにすぐに行けるようにするということも大切です。
ホームページ制作をするということは、利用者の気持ちになって作ることが最も大切です。しかも、頻繁に利用してくれるヘビーユーザーの気持ちになって使いやすいサイトを作ることが基本と考えるといいでしょう。自分が他のサイトなどを訪問している時に使いやすい、見やすいと感じたサイトを参考にして作っていくといいでしょう。動画や写真、アニメーションなどを多用してわかりやすくするということも大切です。自分が使いやすいと感じるものは人も使いやすいと感じるものですか、自分が使っていてこれはいいと感じるぐらいのものにすることです。

SEOと検索結果ページ

SEOはいかにアクセスを集めるか、商業サイトならいくら稼ぐかが最も重視されます。従って常に検索上位に表示されなくてはなりません。

私たちは普通忙しく暮らしていますから、検索して膨大なサイトが現れてきても、まず2ページ以降は見ないと思います。

そして1ページめの上位3番目以内のサイトで目的を達したら、後は無関心です。ホームページ制作には厳しい課題です。

このためホームページ制作者は、即効性のある対策としてはどのようなキーワード検索で辿り着くかを知っておくべきです。どのようなキーワード検索でユーザーが辿り着くかを知っていれば、そのキーワードに対してのSEO対策を強化することで検索結果からのアクセスが増えることにつながるのではないでしょうか。

SEOの観点から見ればHTMLの中に「キーワード」や「概要」を入れることができるので、自分自身のサイトの属性や特徴、他の類似サイトからの差別化や力を入れているコンテンツを配するのが重要です。

また長期的には優良コンテンツが決め手になります。

継続的に行うSEO

SEOで基礎的な手段を講じたとします。ではその結果どのような成果が出たでしょうか。

SEOは終わりのない作業なので、調査結果を受けてまた継続的に改善作業を行わなければならないからです。

検索順位:キーワードで自らのサイトを検索したら何位に表示されますか?
各検索エンジンで順位・インデックス数・KEIなどをチェックします。またそれらの変動をグラフ化できるツールも商品化されています。

サイト比較:サイトの相対的なポジションがわかります。そのとにチェックするのがショット画像・タイトル・META・ドメイン情報・ページランク・パブリックリンクのなどの情報です。

キーワード出現頻度解析:キーワードの含有率をチェックします。

SEOの戦略はPDCAです。計画し、実効し、結果をチェックし、改善していくのが王道です。

Seoは最新の状況を考慮

たった一回だけSeoをしても、なかなかそれで効果が得られない事もあるでしょう。

定期的に最新の動向をチェックしながらSeoをしている人が多いと思います。
Seoをする時には最新の状況を考慮している人は多いと思います。

前回Seoをしてから何か月も放置しているというのは常に最新の状況に追いついているとは言えない事もあるでしょう。

最新の状況にこだわる場合には、あまり時間を置かない様にSeoを行っている人もいる様です。最新の状況に追いつくにはかなり、手間がかかりますので業務の間に行うか、外注を利用してしまうと、対策に煩わされる必要もありませんね。いいと思える対策方法で、進めたいですね。

seoの費用

広告や宣伝、もしくは営業活動などに多額の費用を費やしている企業はたくさんあるでしょう。その中でもホームページ制作を行って、SEO対策を行うのに費用を費やす事もあるでしょう。

SEO対策というのは、最初にホームページにチューニングを行う事もあるなど、最初は特に費用がかかる事もある様です。

そして、後は毎月の様に定期的に対策を行っていく事が多いので、毎月支払いが発生する事も出てくるでしょう。最初に支払いを続けられない様な高額な費用を費やしてしまうのではなく、ずっと続けられそうな費用を考えたいですね。

対策は続ける事も大切な事の様ですね。これからの事も考えてプランを選びたいですね。

seoの傾向

最近のseoの傾向として、不要なページからのリンク、関連性のないページからのリンクを評価しておりません。

勝手に張られたものであったとしてダメなのです。ある一定以上存在すると大きく順位を下げる傾向にあります。

 

ECサイト構築はseoを視野に入れたい

seoというのは、ECサイト構築が完成してからではなく、最初から行った方が好ましいかと思います。seoには内部対策と呼ばれるHP内に行う対策もあり、ECサイト構築と同時に進めた方が手っ取り早い事もあります。Seoを行うタイミングについて考えた時に、ECサイト構築を行う前の段階から着手していると、手間や費用について楽な場合もあるかと思われます。
完成したECサイト構築にseo対策を行うのであれば、二度手間となってしまう箇所も出てくるかもしれませんね。すでに完成している場合には、少しでも早く対策を開始した方がいいかもしれませんね。ぜひ、ECサイト構築は、最初の段階からseoを視野に入れたいですね。

seo対策の必要性

サイトを作成するときに、検索エンジンにヒットされやすくするためにSEO対策は必須です。
文字による検索だけでなく、画像検索でサイトを訪問するケースも多く、そのためのSEO対策も必要です。

検索エンジンにはディレクトリ型のものもあります。特定の分野のサイトであるということを登録する事によって利用者が探しやすくなるというのが本来の目的です。

過去には、ディレクトリに登録されることによってアクセスアップが期待できたのですが、最近ではそうではなくなってきているようです。ディレクトリ登録されたことによって直接的なアクセスアップは期待できなくなってきているのですが、SEO対策としては効果があります。

安定した優良被リンクが確保できるわけですから、検索エンジンの評価も高くなるのです。ディレクトリ登録は、このような理由からSEO対策に用いられています。

seoのキーワード選び

キーワード選びは、SEO対策において非常に重要度が高い作業です。ここで選び方を間違えると、いくらSEO対策の知識があっても意味のないものになってしまいます。

先ずは自分のサイトを良く見て、検索している人に対してどのような情報を提供することができるのか、それをどんなキーワードで誘導すればよいのかを考えることが重要です。

そのためには、商品やサービスをより詳しく説明できる関連キーワードを組み合わせることが重要になってきます。

例えば美容関連の求人サイトの場合ですと、「エステシャン、求人」といった具合に、サイトの役割や掲載されるコンテンツを基に、複数のキーワードを組み合わせることです。