seoのテクニックと古典的な手法

SEOは決して万全ではありません。SEOだけに集客を頼りきってしまうのは大きなリスクを伴います。

SEOももちろん大事ですが、これからはもっと総合的な集客対策が必要となるでしょう。インターネットの効果は大変強力ですが、その分大きなリスクがあることも覚えておきましょう。

seo対策として有名なのが、ソースコードの変更です。
ロボット型の検索エンジンであれば、そのアルゴリズムが好みそうなソースに改善する事で、検索順位を引き上げられます。

他にもフォントサイズを調整する、ブログタイトルの位置を変更する等のテクニックが存在しますが、
ロボット型ではない、専門スタッフが積極的に関与するタイプの検索サービスの場合だと、露骨なseo対策はむしろ嫌われてしまいます。

実際に既存のseo対策は既に大手検索サービスには通じません。
ソースコードを無闇に改変するアフィリエイトのサイトは検索サービスから避けられる事も多く、ブロガーの方が知恵を絞って、検索ワードを上手く記事本文に挿入するといった、言わば古典的な手法を使った方が、安定したアクセス数を得られます。

関連

内部対策と外部対策の2つに分けることができるSEO

SEOの対策は内部対策と外部対策の2つに分けることができます。内部対策とはホームページ自体に施すSEO対策であり、ホームページの構造や、ホームページへの検索エンジンの検索の対象としたいキーワードの適度な埋め込みなどを行います。

外部対策とは、ホームページを取り巻く回りの環境に対するSEO対策であり、主にSEO対策の対象となるホームページに対する被リンクを定期的に増やしていくことを行います。内部対策は比較的容易に実施できますが、外部対策は時間がかかります。

また、内部対策よりも外部対策のほうがSEOの効果が高いです。したがって、まずは一通りの内部対策を行った後に、じっくり時間をかけて外部対策を行っていくことになります。

seo対策でのアルゴリズムの位置付け

インターネットで何か調べたい時に、検索サイトを使う場合が多いでしょう。しかし、検索結果で出てきたサイトを順番に見ていっても、欲しい情報が手に入らなければ時間の無駄ですし、検索結果自体を信じられなくなるかもしれません。そのような事態が起これば、検索サイトの運営者にとっては死活問題です。

全体の9割くらいのシェアを持つといわれているグーグルでさえ、シェアを奪われる事態になりかねません。そこでグーグルではペンギンアップデートやパンダアップデートといったシステムの更新をしたり、アルゴリズムやランクブレインで、精密な検索結果を出すようにしているのです。サイトの制作者も、seo対策を練る必要があります。

seoとアルゴリズムの対策を行う

ホームページを作成するにあたって、個人であっても会社であっても多くの人に閲覧してもらいたいと思うことでしょう。そうした場合には小売業と同様で、ただやみくもに好みに合わせるのではなく、集客をする必要が出てきます。インターネットでの世界においては、集客はseoやアルゴリズムをよく知った上でおこなっていく必要があります。

双方をきちんと理解した上でホームページを作成すれば、ユーザーにとって使用しやすいホームページを作成することもできます。多くの人に見てもらえれば、ホームページの作成者としてもやる気がでることでしょう。

インターネットで会社を作るならseoについて勉強

もしあなたがネットを使用して、サイト運営をしたいと考えているのでしたらまずはseo対策について勉強しましょう。こちらは検索結果を出す時に使用されるシステムで、いろいろな情報に基づいてこのサイトはこの検索結果に適しているかを判断し、出しています。

こちらに反するようなサイトであった場合にはすぐに順位が下がります。しかしこちらは日々更新されているので、逆に自分のサイトに合ったものになれば順位は上がっていきます。個人的に楽しむ分には気にしなくてもいいかもしれませんが、会社として運営していこうと考えているのであれば必ず勉強したい分野です。

大阪、東京で、実績で選ぶseo会社

有限会社ティーケイティー
〒550-0002
大阪府大阪市西区江戸堀1-23-35
http://www.seo-foa.com/
http://www.tkt-group.co.jp/

MENU

TOP seo seoとアルゴリズム seoについて seoとECサイト構築 ECサイト構築 seoのアルゴリズム対応