seoのテクニックと古典的な手法

SEOは決して万全ではありません。SEOだけに集客を頼りきってしまうのは大きなリスクを伴います。

SEOももちろん大事ですが、これからはもっと総合的な集客対策が必要となるでしょう。インターネットの効果は大変強力ですが、その分大きなリスクがあることも覚えておきましょう。

seo対策として有名なのが、ソースコードの変更です。
ロボット型の検索エンジンであれば、そのアルゴリズムが好みそうなソースに改善する事で、検索順位を引き上げられます。
他にもフォントサイズを調整する、ブログタイトルの位置を変更する等のテクニックが存在しますが、
ロボット型ではない、専門スタッフが積極的に関与するタイプの検索サービスの場合だと、露骨なseo対策はむしろ嫌われてしまいます。

実際に既存のseo対策は既に大手検索サービスには通じません。
ソースコードを無闇に改変するアフィリエイトのサイトは検索サービスから避けられる事も多く、ブロガーの方が知恵を絞って、検索ワードを上手く記事本文に挿入するといった、言わば古典的な手法を使った方が、安定したアクセス数を得られます。

内部対策と外部対策の2つに分けることができるSEO

SEOの対策は内部対策と外部対策の2つに分けることができます。内部対策とはホームページ自体に施すSEO対策であり、ホームページの構造や、ホームページへの検索エンジンの検索の対象としたいキーワードの適度な埋め込みなどを行います。

外部対策とは、ホームページを取り巻く回りの環境に対するSEO対策であり、主にSEO対策の対象となるホームページに対する被リンクを定期的に増やしていくことを行います。内部対策は比較的容易に実施できますが、外部対策は時間がかかります。

また、内部対策よりも外部対策のほうがSEOの効果が高いです。したがって、まずは一通りの内部対策を行った後に、じっくり時間をかけて外部対策を行っていくことになります。