seoの費用

広告や宣伝、もしくは営業活動などに多額の費用を費やしている企業はたくさんあるでしょう。その中でもホームページ制作を行って、SEO対策を行うのに費用を費やす事もあるでしょう。

SEO対策というのは、最初にホームページにチューニングを行う事もあるなど、最初は特に費用がかかる事もある様です。

そして、後は毎月の様に定期的に対策を行っていく事が多いので、毎月支払いが発生する事も出てくるでしょう。最初に支払いを続けられない様な高額な費用を費やしてしまうのではなく、ずっと続けられそうな費用を考えたいですね。

対策は続ける事も大切な事の様ですね。これからの事も考えてプランを選びたいですね。

継続的に行うSEO

SEOで基礎的な手段を講じたとします。ではその結果どのような成果が出たでしょうか。

SEOは終わりのない作業なので、調査結果を受けてまた継続的に改善作業を行わなければならないからです。

検索順位:キーワードで自らのサイトを検索したら何位に表示されますか?
各検索エンジンで順位・インデックス数・KEIなどをチェックします。またそれらの変動をグラフ化できるツールも商品化されています。

サイト比較:サイトの相対的なポジションがわかります。そのとにチェックするのがショット画像・タイトル・META・ドメイン情報・ページランク・パブリックリンクのなどの情報です。

キーワード出現頻度解析:キーワードの含有率をチェックします。

SEOの戦略はPDCAです。計画し、実効し、結果をチェックし、改善していくのが王道です。

SEOと検索結果ページ

SEOはいかにアクセスを集めるか、商業サイトならいくら稼ぐかが最も重視されます。従って常に検索上位に表示されなくてはなりません。

私たちは普通忙しく暮らしていますから、検索して膨大なサイトが現れてきても、まず2ページ以降は見ないと思います。

そして1ページめの上位3番目以内のサイトで目的を達したら、後は無関心です。ホームページ制作には厳しい課題です。

このためホームページ制作者は、即効性のある対策としてはどのようなキーワード検索で辿り着くかを知っておくべきです。どのようなキーワード検索でユーザーが辿り着くかを知っていれば、そのキーワードに対してのSEO対策を強化することで検索結果からのアクセスが増えることにつながるのではないでしょうか。

SEOの観点から見ればHTMLの中に「キーワード」や「概要」を入れることができるので、自分自身のサイトの属性や特徴、他の類似サイトからの差別化や力を入れているコンテンツを配するのが重要です。

また長期的には優良コンテンツが決め手になります。

関連

MENU

TOP seo seoとアルゴリズム seoについて seoとECサイト構築 ECサイト構築 seoのアルゴリズム対応